切開をしなくとも理想とするバストサイズを実現!

ヒアルロン酸でプチバストアップ

切開をしなくても豊胸が可能な時代になりました。中でも注目を集めているのは、プチ整形には今や欠かすことができないヒアルロン酸を用いたプチバストアップです。ヒアルロン酸は分子が大きいことから、肌に張りをもたらします。そのメカニズムを応用したのが、ヒアルロン酸注入によるプチバストアップです。ヒアルロン酸を用いた豊胸はプチ整形と言われるように、極端にバストを大きくするということは技術的には難しいとされています。しかし、出産や加齢によって垂れてしまったバストに張りをもたらしたり、1サイズから2サイズのバストアップが可能です。しかも、ヒアルロン酸は時間とともに少しずつ体内に吸収され、体に優しい成分なので安全です。

定着率が高く自然な仕上がりの脂肪注入

体への負担が少なく、自然な形で永久に理想的なバストを手に入れられると高い評価を得ているのが、脂肪注入による豊胸です。この方法も、従来の豊胸のように切開をする必要がなく、手軽で安全性の高さが人気を集めています。同じく人気のヒアルロン酸注入と脂肪注入による豊胸の大きな違いは、永久性があるかないかという点にあります。前者は効果が1年ほどなのに対し、後者は永久的に効果が持続します。バストに注入した脂肪は、その6割程度は定着して自然なバストを形成します。また、ヒアルロン酸注射以上のサイズアップも期待できます。さらに、脂肪注入に用いる脂肪は、自分の体から抽出したものであるので、アレルギーなどの拒否反応が無いのが特徴です。

豊胸のときに、肌に傷を残さないためには、ヒアルロン酸注射など、メスを使わない手術を選択する方法があります。